2017年06月29日

折り紙の手つきで子供の成長を知る





子供の空想力は計り知れない。

三歳過ぎて、赤ちゃんだった子供も目が離せない程だ。

発育に従って言葉の駆使もほんの一週間前とは違って

目を丸くすることが多いね。

でも、ちょうどこの三歳頃から相手の立場がわかるようになるようだ。

それまで気の合わない大人にダッコされると泣くだけだったが、

相手を見据えて好き嫌いをはっきり主張するようになってくる。

小さい子に嫌われないにようにするには

子供の年齢に合わせて大人が一緒に遊ぶに限る。

最近、お医者さんごっこやお店やさんごっこ。

とりわけ折り紙遊びに熱中している。

想像力も工夫も器用さもこの時期の吸収力は素晴らしいですね。


子供は将来の日本の宝物ですね。





  


Posted by namin15 at 22:32Comments(0)折り紙

2017年06月28日

可愛い孫が折り紙に熱中するとは?


孫が折り紙に喜ぶ時期は今しかないかも。


  

ちょうど定年となる頃は、

可愛い孫の日々成長する姿を追っかけている時期に重なる。

共稼ぎする息子夫婦、娘夫婦が最終的に頼ってくるのはジジババである。

保育園で熱が出たので迎えに行って欲しいkao9

急用が出来たので子供の面倒を頼むkao9


孫がそんなに大変な目に会っているんじゃ、と膝が痛くても、腰が痛くても

孫の喜ぶ顔見たさに我が身を犠牲にする。


身体の痛いのは何処かへ飛んでしまうものだね。

こんなにして我らの親も、祖父母も経験した事なんだね。











  


Posted by namin15 at 20:35Comments(0)折り紙

2017年03月27日

秋の田んぼのひこばえ風景


ひこばえ風景

長い冬がやってくる前の田んぼの風景です。

稲の切り株から新芽が懸命に伸びてきています。

この頃になると田んぼ中にいたイナゴも姿を消して

冬一番の冷たい北風がすべてを覆います。

11月に降った雪はすぐには積らず、

12月に入って本格的な冬将軍の到来で

3月まで消えない根雪となります。

その季節の前の短い秋の風景は

都会に住むようになった今も

ときに触れてふと蘇ります。














  


Posted by namin15 at 11:14Comments(0)

2015年03月20日

新庄の田舎の雪景色

新庄の雪景色





新庄に限らず、冬の東北は寂しいですね。

でも一年のうちにこんな幻想的な風景に出会います。

都会にはどうしたって求めることが出来ない風景です。

こんな雪景色に出会うと、暗い家に入ってもしばらく茫然として、

慌ててまた表に出てみたが、あの色彩に出会うことはありませんでした。

一瞬なんですね。

ある友人が杢蔵山の冬山登山をした時、尾根の片側が紫色した風景に出会い、

その色彩が下山してからもずっと脳裏から離れない、と話していました。

遠くを見るような眼をしていたが、なんかわかるような気がしました。

裏日本の冬は本当に寂しいですね。

まあ、あの暖かな夜明けの春がくる前の一時の我慢だ、

と若いころの私も思ってはいましたが。



















  


Posted by namin15 at 22:23Comments(0)雪景色